CAREER VIEW

あなたのキャリアに新たな視点を。

経理の残業時間は?繁忙期の違いや残業の多い企業の見分け方まで

経理職

「経理の残業時間はどれくらいなんだろう?」
「今の職場の残業時間は、経理では普通なのかな?」
「残業の少ない企業に転職しようかな」

と思っている方もいらっしゃると思います。

経理は財務や会計など、会社の数値面での管理を担当する非常に重要なポジションです。
経理には繁忙期もあり、時期によって仕事量が変わることも事実です。

この記事は、そんな経理の残業量について気になっている方の疑問に答える内容になっています。
この記事では、

  • 経理職の平均残業時間
  • 繁忙期と閑散期の違い
  • 残業の多い企業の見分け方

を統計データやSNSなども参考にしながらご紹介したいと思います。

この記事はPRを含みます

CAREER VIEWが紹介するサービスの一部には広告が含まれており、当サイトを経由して申し込みが行われた場合にサービスの提供元の企業様より報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイトはユーザーの利益を第一に考えており、サービスの評価に関して影響を及ぼすことはありません。

総合的な経理職の残業時間:23.8時間

経理と一括りにいっても企業や業界によって残業時間は全く違いますが、
dodaの調査によると、日本の経理職種の平均残業時間は23.8時間です。

全業種・業界の平均残業時間が22.2時間なので、経理の残業時間は平均より少し多いものの、おおよそ平均的だと言っていいでしょう。

ちなみに、同じバックオフィス職種である総務の平均残業時間は18.6時間です。また営業職は、業界にもよりますが20〜30時間となっています。このデータからも、特に突出して経理の残業時間が多いわけでも、少ないわけでもないことがわかります。

業種:平均残業時間:
経理23.8時間
総務18.6時間
営業20~30時間

経理の繁忙期

前述の通り、経理の仕事には、繁忙期と閑散期があります。

一般的に、月単位では、月末・月初が忙しくなります。
年単位では、一般的に繁忙期は3〜7月と11〜1月です。

3~5月は決算関連業務があり、
6月は株主総会があり忙しくなります。

また7月は社会保険関連の業務があり、
11〜1月は年末調整があります。

このように、時期によって波があるのが経理の仕事です。経理の仕事に就くにあたっては、このような時期による違いを認識する必要があるでしょう。

残業の多い企業の見分け方

ここまで、「経理」という職種を一括りで考えてきましたが、企業や個人によって残業時間は全く異なります

では、残業の多い企業を見分ける方法はあるのでしょうか?

もちろん完璧に見抜くことは難しいですが、いくつかの観点からあらかじめ推測することができます。

1. 口コミサイトをチェック

口コミサイトを確認することで、労働環境を推測することができます。
有名な口コミサイトとしては、OpenWorkやライトハウスがあります。

ただし、ここで注意しなければいけないことは、職種や部署です。
当たり前ですが、同じ企業でも部署が違えば労働環境は全く異なります

したがって、企業全体の平均値や違う職種の口コミは参考になりにくいこともあります。

必ず経理やバックオフィスの口コミ・データを見るようにしましょう

2. ベンチャー企業や人手不足の企業は残業が多い

一般的に、ベンチャー企業などは残業が多くなりやすいです。

会社の規模が小さいと、経理職も少人数で回さなければなりません。
そうなってしまうと、必然的に残業時間は多くなってしまいます。

一方で1人で幅広い業務を担当することができるため経理としての成長スピードは早いかもしれません。

また、ベンチャー企業でなくても人手不足の企業だと労働時間が多くなってしまいます
人手不足の企業の特徴の一つとして、売り上げが落ち、企業として低迷しているというものがあります。
売り上げが落ちている企業は多くの経理職を抱えることができません。そのため少人数になってしまいがちなのです。

転職する際は、企業としての経営状況なども参考にしましょう。

3. 直接確認する

最終手段は、直接確認することです。

しかし、面接などでストレートに質問するのは避けた方がよいでしょう。
たとえ残業の少ない企業だったとしても「残業したくない、仕事に消極的な人」だと思われてしまうと内定が遠のいてしまうからです。

働き方や社内の様子などの質問を介して、間接的に推測するとよいかもしれません。

しかし、それでも聞きにくいという方も多いと思います。
そういった方には転職エージェントがおすすめです。

業界に精通したアドバイザーが求人情報を紹介してくれるだけでなく、事前に知りたいことを代わりに企業に確認してくれます。

経理職の転職におすすめの転職エージェント

エージェント名
特徴
詳細

管理部門特化のおすすめしたい転職サービスNo.1!

業界最大級の求人数は12,000件以上を誇り、膨大な求人の中から経験豊富なアドバイザーが条件に合った求人を紹介してくれます。

豊富な求人のから「すぐに転職したい」「在宅ワークがしたい」などの悩みにそった提案をしてもらえます。

また、エージェントを通さずに求人に直接応募することもできるので早く転職したい方にもおすすめです!

他のエージェントに比べてベンチャー企業やスタートアップといった新しい会社が多いのが特徴です。

また、独自のアルゴリズムで転職者がサイトを使うほど企業から注目され、スピード転職につながります。

日程調整などもエージェントに任せられるので、平均転職期間は3週間とスピード転職できるのがポイントです!

また、求人を細かい項目から選択できるので、高精度なマッチングが実現します。

リクルートエージェントの特徴は業界最大クラスの求人数・求人実績です。

加えて転職支援サービスが充実しており、求人提案や書類添削、面接対策に退職交渉と親身なサポートを受けられます。

2023年オリコン顧客満足度ランキングで総合1位を獲得しており、手厚いサポートが特徴的です。アドバイザーが親身になってサポートしてくれるので、初めて転職をする方でも安心して使うことができます。

また、第二新卒や中小企業の求人を多くとり使っているので未経験の方や若手の方におすすめです!

転職サイトエージェント併用できるので、自分のペースで転職活動を進めたい方におすすめです。

企業からオファーが届くこともあります。サポート体制が充実しているので、経理未経験の方に特におすすめです!

年収アップ率61.7%なのでハイクラス転職ならパソナキャリアがおすすめです!

また、非公開求人に加えて独占求人も多く保有しているので、まだ見ぬ求人に出会えます!

オリコン顧客満足度調査のハイクラス・ミドルクラス転職部門で1位を獲得しており、ハイ・ミドルクラス転職におすすめです!

コンサルタントの質が高いことが知られており、希望に合った求人の紹介や的確な面接サポートをしてもらえます。

楽しい経理ライフを送るために

ここまで見てきたように、残業時間は企業によって大きく異なります

パーソル総合研究所の2018年の研究によると、残業時間が多くなるほど主観的幸福度が低下することがわかっています。
また、月60時間を超えると主観的幸福度が上昇する一方で、受けるストレスの度合いも増してしまい健康に悪影響を与える可能性があることがわかっています。

参考:残業は「集中」して「感染」する!?希望の残業学 調査結果を発表

「そうはいっても、現職が忙しくて転職活動をする暇がない!」
「色々な企業を調べたり、選考対策したりするのは大変!」

という方も多いと思います。

そういった人にこそおすすめしたいのが、転職エージェントです。
転職エージェントは、求人情報の選別や職務経歴書の作成サポート、面接対策、各種代行をしてくれます。

平日は忙しいという人でも、土日に対応してくれる転職エージェントがあるので安心です。
自分で調べただけではわからなかった労働条件も転職エージェントを介して企業に聞くことができます

基本的に、ほとんどの転職エージェントは完全無料で利用できますので、まずは登録してみましょう。

残業の少ないあなたに合った企業に転職して、楽しい経理ライフを送りましょう!

合わせて読みたい記事はこちら

経理・看護・日本語教師に加えて、知財・弁理士に関する記事を担当しています。経理・看護・日本語教師に関する有益な情報を発信し、働く皆さんのサポートができたらと思います。