CAREER VIEW

あなたのキャリアに新たな視点を。

POSTED
2023年12月29日
UPDATE
2024年1月19日

経理の残業時間は?繁忙期の違いや残業の多い企業の見分け方まで

経理職

経理は財務や会計など、会社の数値面での管理を担当する非常に重要なポジションです。

一方で、経理は時期によって繁忙期もあり、
経理への転職を考えている人のなかには、
「経理の残業時間はどれくらいなんだろう?」
と不安に思っている人も多いと思います。

また、現在経理で働かれている人の中には、
「今の職場の残業時間は経理では普通なのかな?」
「残業の少ない企業に転職しようかな」

と考えている人もいるでしょう。

この記事は、そのような疑問に答える内容になっています。
この記事では、

  • 経理職の平均残業時間
  • 繁忙期と閑散期の違い
  • 残業の多い企業の見分け方

を統計データやSNSなども参考にしながらご紹介したいと思います。

総合的な経理職の残業時間

経理と一括りにいっても企業や業界によって残業時間は全く違いますが、
dodaの調査によると、日本の経理職種の平均残業時間は23.8時間です。

全業種・業界の平均残業時間が22.2時間なので、経理の残業時間は平均より少し多いものの、おおよそ平均的だと言っていいでしょう。

ちなみに、同じバックオフィス職種である総務の平均残業時間は18.6時間です。また営業職は、業界にもよりますが20〜30時間となっています。このデータからも、特に突出して経理の残業時間が多いわけでも、少ないわけでもないことがわかります。

業種平均残業時間
経理23.8時間
総務18.6時間
営業20~30時間

経理の繁忙期

前述の通り、経理の仕事には、繁忙期と閑散期があります。

一般的に、月単位では、月末・月初が忙しくなります。
年単位では、一般的に繁忙期は3〜7月11〜1月です。

3~5月は決算関連業務があり、
6月は株主総会があり忙しくなります。

また7月は社会保険関連の業務があり、
11〜1月は年末調整があります。

このように、時期によって波があるのが経理の仕事です。経理の仕事に就くにあたっては、このような時期による違いを認識する必要があるでしょう。

残業の多い企業の見分け方

ここまで、「経理」という職種を一括りで考えてきましたが、企業や個人によって残業時間は全く異なります。

では、残業の多い企業を見分ける方法はあるのでしょうか?

もちろん完璧に見抜くことは難しいですが、いくつかの観点からあらかじめ推測することができます。

口コミサイトをチェック

口コミサイトを確認することで、労働環境を推測することができます。
有名な口コミサイトとしては、OpenWorkやライトハウスがあります。

ただし、ここで注意しなければいけないことは、職種や部署です。
当たり前ですが、同じ企業でも部署が違えば労働環境は全く異なります。

したがって、企業全体の平均値や違う職種の口コミは参考になりにくいこともあります。

必ず経理やバックオフィスの口コミ・データを見るようにしましょう。

ベンチャー企業や人手不足の企業は残業が多い

一般的に、ベンチャー企業などは残業が多くなりやすいです。

会社の規模が小さいと、経理職も少人数で回さなければなりません。
そうなってしまうと、必然的に残業時間は多くなってしまいます。

一方で1人で幅広い業務を担当することができるため経理としての成長スピードは早いかもしれません。

また、ベンチャー企業でなくても人手不足の企業だと労働時間が多くなってしまいます。
人手不足の企業の特徴の一つとして、売り上げが落ち、企業として低迷しているというものがあります。
売り上げが落ちている企業は多くの経理職を抱えることができません。そのため少人数になってしまいがちなのです。

転職する際は、企業としての経営状況なども参考にしましょう。

直接確認する

最終手段は、直接確認することです。

しかし、面接などでストレートに質問するのは避けた方がよいでしょう。
たとえ残業の少ない企業だったとしても「残業したくない、仕事に消極的な人」だと思われてしまうと内定が遠のいてしまうからです。

働き方や社内の様子などの質問を介して、間接的に推測するとよいかもしれません。

しかし、それでも聞きにくいという方も多いと思います。
そういった方には転職エージェントがおすすめです。

業界に精通したアドバイザーが求人情報を紹介してくれるだけでなく、事前に知りたいことを代わりに企業に確認してくれます。

楽しい経理ライフを送るために

ここまで見てきたように、残業時間は企業によって全然違います。

パーソル総合研究所の2018年の研究によると、残業時間が多くなるほど主観的幸福度が低下することがわかっています。
また、月60時間を超えると主観的幸福度が上昇する一方で、受けるストレスの度合いも増してしまい健康に悪影響を与える可能性があることがわかっています。

参考:残業は「集中」して「感染」する!?希望の残業学 調査結果を発表

「そうはいっても、現職が忙しくて転職活動をする暇がない!」
「色々な企業を調べたり、選考対策したりするのは大変!」

という方も多いと思います。

そういった人にこそおすすめしたいのが、転職エージェントです。
転職エージェントは、求人情報の選別や職務経歴書の作成サポート、面接対策、各種代行をしてくれます。

平日は忙しいという人でも、土日に対応してくれる転職エージェントがあるので安心です。
自分で調べただけではわからなかった労働条件も転職エージェントを介して企業に聞くことができます。

基本的に、ほとんどの転職エージェントは完全無料で利用できますので、まずは登録してみましょう。

残業の少ないあなたに合った企業に転職して、楽しい経理ライフを送りましょう!

合わせて読みたい記事はこちら

キャリアビューは、さまざまな業界ごとに独自で発展した転職サイト、転職エージェント、転職情報を公平な立場で評価し、これからその業界で転職をする方々に、効率的で有益な情報をお届けするメディアです。