CAREER VIEW

あなたのキャリアに新たな視点を。

POSTED
2023年11月17日
UPDATE
2024年3月5日

ゲームプログラマー・ゲームエンジニアの転職におすすめの転職エージェントを7選ご紹介!【転職のコツも解説】

ゲーム

国内のゲーム市場規模は10年連続で伸びています。2020年についに2兆円を超え、2021年も2兆円規模を維持している状態です。(※参照 PR TIMES 「ゲーム業界データ年鑑『ファミ通ゲーム白書 2021』を7月15日に発刊、国内外のゲーム市場を、最新調査による豊富なデータで分析」

今後も高速・大容量・多量接続の5Gの普及やAI・VRの発達によって需要は大きくなり、市場も伸びていくと予想されます。

そんな中、ゲームプログラマー・ゲームエンジニアは人手不足の状態であり、需要が高いため転職では重宝されています。積極的に採用している企業が多いため、転職しやすい状態です。

本記事では、エンジニアやゲームプログラマーの経験またはスキルをお持ちの方に向けて、ゲームプログラマーへの転職に役立つ情報をお伝えします。

ゲームプログラマー・ゲームエンジニアの転職を考えるなら、専門の転職エージェントの利用がおすすめです。
理由として、以下のようなことが挙げられます。

  • 転職エージェントに登録することで初めて出会える、質のいい非公開求人
  • 経験豊富なアドバイザーに、専門的なところまでキャリア相談ができる
  • 転職エージェントは求人先の企業との信頼関係によってパイプを築いているため、内定が出やすい

詳しく知りたい方は本記事のゲームプログラマー・ゲームエンジニアの転職でエージェントを使うメリット・デメリットまでご覧ください。

本記事では、ゲームプログラマー・ゲームエンジニアの転職におすすめの専門型転職エージェントを7つご紹介します。 各エージェントの特徴まで紹介しているので、自分に適した転職エージェントを見つけてぜひ利用してみてください。 今回ご紹介する転職エージェントは全て無料でご利用できます!

転職エージェントは2~3つ登録することをおすすめしています。

☆この記事はPRを含みます
CAREER VIEWが紹介するサービスの一部には広告が含まれており、当サイトを経由して申し込みが行われた場合にサービスの提供元の企業様より報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイトはユーザーの利益を第一に考えており、サービスの評価に関して影響を及ぼすことはありません。

目次

おすすめの転職エージェント一覧

今回ご紹介する専門型の転職エージェントと特徴の一覧表です。 次のセクションから、各エージェントの詳細をご紹介します。

ゲームプログラマー・ゲームエンジニアの転職におすすめの転職エージェント一覧

  • 経験豊富なキャリアコンサルタントがサポート
  • 内定まで最短3日といったスピード実績
  • ゲーム業界従事者から高い評価
  • 大手、有名企業の案件が多い
  • セミナーやイベント、メディア活発なため情報収集としてもおすすめ
  • 70%以上が非公開求人のため、登録することで初めて出会える求人が多い
  • ゲーム業界のクリエイター職の支援が得意
  • 年収UP率が高い
  • 求人が幅広く、豊富
  • 転職成功率、職場定着率が高い
  • ポートフォリオ作成サービス 「MATCHBOXブラッシュアップ」や無料のセミナーなど、ポートフォリオ作成サポートが充実
  • 採用現場を熟知した経験豊富なキャリアアドバイザーが在籍
  • 内定率や年収UP率で高い実績を保持
  • 転職者と紹介企業とのマッチング精度が高いため、満足度でも高い実績を保持
  • 入社後短期離職率1%以下という高いマッチング力
  • 扱っている求人は運営の審査基準に合格した求人のみであるため、質の高いものばかり

おすすめの転職エージェント7つを解説

今回ご紹介する専門型のエージェントは大きく2つに分類されます。

1つ目はゲーム業界の専門エージェントです。ゲーム業界への知見が深く、各ゲーム会社の特徴も細かくとらえています。ゲーム企業とのパイプを築いているため、質のいい求人が多い点や効率よく選考対策できる点が魅力的です。

2つ目はエンジニア・プログラマーの専門エージェントです。具体的なプログラミング業務の知見が深く、専門的なアドバイスを受けることができます。ゲーム会社への紹介が得意なことはもちろんですが、ゲーム業界以外のプログラマー求人も視野に入れながら、転職活動を進められるという特徴があります。

この2種類のエージェントを併用することをおすすめしています! 併用することで、情報を幅広く取り入れ、補い合うようにして効率よく転職活動を進めましょう。

おすすめのゲーム業界専門エージェント 5選

G-JOBエージェント【質の高い求人・コンサルタント】

タップで基本情報を見る

ゲーム業界の公開求人数881件(2023.8時点)
ゲーム業界の非公開求人数2,500件以上(2023.8時点)
料金無料
対応地域関東・関西・九州
サービス内容ヒアリング・求人紹介
応募書類の添削
面接対策
ポートフォリオ作成サポート
運営会社株式会社リンクトブレイン
公式サイトhttps://game-matching.jp/

G-JOBエージェントのおすすめポイント

  • 質の高い求人が豊富
  • 経験豊富なキャリアコンサルタントがサポート
  • 内定まで最短3日といったスピード実績
  • フリーランス・リモート案件も多数

G-JOBエージェントは、ゲーム開発事業も行うリンクトブレイン社が運営しているゲーム業界特化の転職エージェントです。取引中のゲーム会社は200社以上という実績があり、必ず経験・知識豊富なコンサルタントにサポートしてもらえるといった魅力があります。

運営しているリンクトブレイン社はゲームの開発運営事業も行っていて、10周年以上の実績があります。ゲーム業界で信頼を得ているため、大手・有名企業から裁量多く活躍できるベンチャー企業まで幅広く求人を持っていて、求人の質が高いという声が多いです。

また、面談担当者は「ゲーム会社での人事経験3年以上」「ゲーム開発現場のマネージメント経験」「国家資格コンサルタント所有者」のいずれかにあてはまるという条件があるため、経験豊富なコンサルタントからサポートをもらえます。

地方の求人は少ないですが、リモート案件の求人は多いため、地方の方やリモートで働きたい方にも登録をおすすめします。

非公開求人が約70%となっていて、登録することで初めて出会える求人が多い点からもゲームプログラマー・ゲームエンジニアの転職を考えている全ての人におすすめの転職エージェントです。

ファミキャリ!【大手・有名企業の求人が多い】

タップで基本情報を見る

ゲーム業界の公開求人数2,068件(2023.8時点)
ゲーム業界の非公開求人数3,000件以上(2023.8時点)
料金無料
対応地域全国
サービス内容カウンセリング、求人紹介
ゲーム業界専任エージェントによるポートフォリオ添削
キャリアプランの相談
エントリーする求人ごとの書類・面接対策
運営会社株式会社クリークアンドリバー社
公式サイトcareer.famitsu.com

ファミキャリのおすすめポイント

  • 求人数が多い
  • 大手、有名企業の案件が多い
  • 職種の分類わけが細かく、自分に合った求人を探しやすい
  • セミナーやイベント、メディア活発なため情報収集としてもおすすめ

ファミキャリは、クリエイティブ専門の人材紹介会社であるクリーク・アンド・リバー社が、ファミ通.comの協力を得て運用している、ゲーム業界特化型のエージェントサービスです。年収UP率80%、サポート実績数2万人以上といった実績を持っています。

ファミキャリはファミ通とのタイアップということもあり、ゲーム業界でのコネクションが強く、大手から中小企業まで多数の求人を保有しています。特に有名企業や有名タイトルに関わる求人を見たい方におすすめです。

求人数の数が多いことやゲーム業界の特性も関係してますが、低収入の求人や正社員ではない求人が混ざっているため注意が必要です。

情報収集としても優秀であり、登録することで初めて出会える限定の非公開求人も多いため20~30代のゲームプログラマー・ゲームエンジニアへの転職を考えている方はぜひ登録しましょう。

シリコンスタジオエージェント【ゲーム業界最強のマッチング力】

タップで基本情報を見る

ゲーム業界の公開求人数2,973件(2023.8時点)
料金無料
対応地域関東、関西
サービス内容ヒアリング・求人紹介
履歴書・職務経歴書などの書類添削
企業ごとの面接対策
給与や担当業務等の就業条件の交渉
運営会社シリコンスタジオ株式会社
公式サイトss-agent.jp

シリコンスタジオエージェントのおすすめポイント

  • 70%以上が非公開求人のため、登録することで初めて出会える求人が多い
  • ゲーム業界、映像業界との強力なパイプ
  • キャリアアドバイザーの高い知見によるマッチング力
  • 内定までのスピードが速い

シリコンスタジオエージェントは、ゲーム・映像業界向けのミドルウェア事業を行っているシリコンスタジオ株式会社の人材事業です。担当するキャリアコンサルタントが、ゲーム会社の制作現場を熟知し、クリエイティブ職について高い知見を持っている点が強みです。

シリコンスタジオエージェントは、国内のゲーム関連企業の9割以上と取引実績があるため、大手企業から新興企業まで幅広いパイプがあります。70%も占める非公開の求人は、人気で大型のタイトルに携われる求人の可能性も高いです。

web登録から3日以内に企業エントリーまで進行・初の企業エントリーから5日で内定獲得といった実績もあり、スピード感をもって転職活動を進められます。

クリエイティブ業界の特性でもありますが、派遣社員や契約社員の求人も混ざっているため正社員として働きたい方はその旨を早めにエージェントに伝えましょう。

非公開求人数も多く、ゲームプログラマー・ゲームエンジニアとしてキャリアアップしたいという方は登録しておきたいエージェントです。

Geekly【10年以上の実績と高い満足度】

タップで基本情報を見る

ゲーム業界の公開求人数1,414件(2023.8時点)
ゲーム業界の非公開求人数9,000件以上(2023.8時点)
料金無料
対応地域関東メイン
サービス内容カウンセリング・求人紹介
書類作成サービス
選考管理ツール
給与交渉や諸条件の調整
面接対策
年収診断
運営会社株式会社Geekly
公式サイトgeekly.co.jp

Geeklyのおすすめポイント

  • 年収UP率が高い
  • 求人が幅広く、豊富
  • 転職成功率、職場定着率が高い
  • スピード感がある

Geeklyは、IT・Web・ゲーム業界特化の高い実績を持つ転職エージェントです。業歴は10年を超え、累計支援者数80,000名以上という歴史を持っています。さらに年収UP率80%以上、年収UP額の平均は76万円という実績もあり、満足度も80%以上と非常に高い数値です。

求人数が豊富なため、提案可能な求人数が1人あたり平均56件以上となっていて、幅広い選択肢を持つことができます。転職成功率は95%、転職後の職場定着率は97%という高いマッチング力を示す実績もあります。

レスポンスが早いという声も多く、Geekly利用者は内定まで平均30日となっています。現職中でもスピード感をもって転職活動を進められます。

基本的に東京中心の関東がメインの対応エリアですが、オンライン面談にも対応していて、リモート求人も扱っているため、地方の方にもおすすめです。

求人の幅が広いため、年代や経験を問わずゲーム業界への転職を考えている人は必ず登録しておきたいエージェントです。

マイナビクリエイター【早く丁寧なサポート】

タップで基本情報を見る

ゲーム業界の公開求人数2,139件(2023.8時点)
ゲーム業界の非公開求人数非公開
料金無料
対応地域東京・愛知・大阪・福岡近郊
サービス内容ヒアリング・求人紹介
書類添削、面接対策
ポートフォリオ作成サービス 「MATCHBOXブラッシュアップ」
無料のセミナーや相談会・給与交渉や諸条件の調整
運営会社株式会社マイナビワークス
公式サイトmynavi-creator.jp

マイナビクリエイターのおすすめポイント

  • 採用現場を熟知した経験豊富なキャリアアドバイザーが在籍
  • ポートフォリオ作成サポートが充実
  • 対応が速く、丁寧
  • スキルや経歴だけで自己PRする方針ではない

マイナビクリエイターは、人材業界の大手であるマイナビが運営しているWeb・ゲーム・IT業界専門の転職エージェントです。業界への知見はもちろん、転職や採用に対する知見も高いです。特にポートフォリオ作成に自信のない人やスピード感、丁寧さを求める人におすすめです。

マイナビクリエイターのキャリアアドバイザーは担当人数20名までが目安となっているため、求職者1人1人に早く丁寧な対応を実現しています。また、「企業が求めるクオリティ」を把握しながら、書類やポートフォリオの添削、面接対策を行っていて効率的です。

ポートフォリオ作成サービス「MATCHBOXブラッシュアップ」や未経験者向けのポートフォリオ作成講座に加えて、無料のセミナーや相談会も設けているため、転職に不慣れな方にもおすすめです。
ゲームプログラマーやゲームエンジニアの転職では特にポートフォリオの提出を求められることが多いため、自信のない方はぜひマイナビクリエイターを活用してみてください。

オンラインでも可能ですが、まず初めに約1時間程度の登録会に参加しなければいけない点に注意してください。

「転職ノウハウやポートフォリオ作成のコツを知りたい」「キャリア相談をしたい」という方は他のエージェントサービスと合わせて、マイナビクリエイターを利用しましょう。

おすすめのエンジニア・プログラマー専門エージェント 2選

レバテックキャリア【圧倒的な内定率】

タップで基本情報を見る

ゲーム業界の公開求人数3,347件(2023.8時点)
ゲーム業界の非公開求人数非公開
料金無料
対応地域全国
サービス内容ヒアリング・求人紹介
書類添削、面接対策
給与交渉や諸条件の調整
LINEで気軽に相談
運営会社レバテック株式会社
公式サイトcareer.levtech.jp

レバテックキャリアのおすすめポイント

  • 初回の提案での内定率90%
  • 利用者エンジニアの満足度が94%
  • 利用者の80%が年収UPの転職に成功
  • 流れがスムーズ

レバテックキャリアは、IT・ゲーム業界のエンジニアやクリエイターに特化したエージェントで高いマッチング精度を武器としています。未経験者向けにはレバテックルーキー、ハイクラス向けにはレバテックハイクラス、フリーランス志望の方にはレバテックフリーランスといったサービスを提供しています。

初回の提案での内定率90%という数値は非常に高く、アドバイザーのヒアリング力や企業ごとの評価ポイントを加味している点が現れています。利用者の年収UP率が80%という実績も誇っています。

専門性が必須となるエンジニアの転職利用者の満足度が94%である点から、レバテックキャリアのアドバイザーの知見が高く、専門的な話ができるのはもちろん、的確なアドバイスを提供していることが分かります。

テンポよく進めることも重要視していて、流れはスムーズだったかという質問に対して利用者の回答は満足度80%となっています。

専門性の高い求人をメインに扱っているため未経験者や地方向けの求人は少ないですが、専門性の高い職種につきたい人やハイクラスを目指せるキャリアを選びたい方には非常におすすめな転職エージェントです。

Tech Stars Agent【専門性でハイクラスへ】

タップで基本情報を見る

ゲーム業界の公開求人数1,300社以上(2023.08時点)
ゲーム業界の非公開求人数非公開
料金無料
対応地域全国
サービス内容ヒアリング・求人紹介
書類添削、面接対策
給与交渉や諸条件の調整
プログラミングスクール tech boost(テックブースト)
企業とのカジュアル面談
運営会社株式会社Branding Engineer
公式サイトtechstars.jp/lp/agent/

Tech Stars Agentのおすすめポイント

  • 1300社以上の豊富な紹介企業数
  • 求人の質が高いものだけ
  • 高いマッチング率
  • フルリモート案件の扱いが豊富

フリーランス志望の方向けにMidworksというエージェントサービス、プログラミングを学びたい人向けにプログラミングスクールtech boostを展開しています。

Tech Stars Agentは高いマッチング力を誇っていて、入社後短期離職率1%以下という実績を持っています。

この実績は、1,300社以上の取引社数という選択肢の多さとコンサルタントの質の高さによって実現されています。コンサルタントは業界経験者のみとなっていて、技術面の話も含めて丁寧なヒアリングが可能です。

扱っている求人は運営の審査基準に合格した求人のみであるため、質の高いものばかりです。即戦力となる人材を求めている企業が多く集まる傾向があります。

質の高い求人であるからこそ非公開求人がメインとなっていて、基本的にエージェントから紹介されるのを待つスタンスです。

ゲームエンジニア・ゲームプログラマーなどに転職を考えていて、専門性を活かしたい、伸ばしたいという方には最もおすすめの転職エージェントです。

ゲームプログラマー・ゲームエンジニアの転職での失敗例

ゲームプログラマーの転職後の悩みとして、以下のような例があります。

仕事が思っていたよりきつかった

ゲームプログラマー・ゲームエンジニアの人手不足により、企業によっては一人一人が負うタスクが多くなっていることがあります。公開・納期前になると残業が続いてしまうこともあるようです。転職する前に企業での働き方が自分と合っているのかを知っておくことがベストです。

社風が合わない

ゲーム会社の社風は様々です。上下関係の強さや社員通しのコミュニケーションの活発さ、どんな人が多く在籍しているのかを知らずに転職して後悔することもあります。転職エージェントは、そういった会社の内部事情も把握しているため、社風を加味して転職先を選ぶことができます。

給料が安い、昇給しない

求人ボックス給料ナビによると、ゲームプログラマー・ゲームエンジニアの年収幅は327~835万以上、平均年収は486万となっています。(※参照 求人ボックスナビ

年収幅が広く、自分のスキルや経験によって変動が大きいため、転職前に給料が自分に見合っているのかしっかり判断するべきです。今回紹介した転職エージェントはゲーム業界の転職市場を熟知しているため、給料を含めて待遇があなたに合っているのかを正確に判断できます。

また、昇給事情について企業に直接聞きづらいという悩みをお持ちの方もいらっしゃると思います。ですが、転職エージェントを介してであれば、しっかり聞いた上で転職先を選ぶことができます。

ゲーム会社によって格差が大きい(好調な会社と潰れそうな会社の差が大きい)

ゲーム会社が好調であれば、働きやすさの向上や昇給、新規プロジェクトへの参入に期待できます。一方、不調であると社内がピリピリしていたり、激務になってしまう可能性があります。

会社が好調か不調かを判断する一つの指標としては、会社の成長率が挙げられます。ですが、自分で一つ一つ調べていては時間のコストがかかるという問題があります。

ゲーム会社の業績や成長見込みを知りたければ、ゲーム業界に特化している転職エージェントの利用がおすすめです。そういったエージェントは、各ゲーム会社の状態を熟知しているため、効率よく把握することができます。

失敗しないためには転職エージェントの利用がおすすめ

これらの失敗は、全て転職先についてよく知らずに転職してしまうことによるミスマッチが原因です。 つまり、満足いく転職をするためには転職先の企業について知ることが非常に重要となります。

しかし、給料や待遇、人間関係を企業の担当者に直接聞くのはハードルが高いです。

エージェントを介してなら「年収・残業・昇給・有給取得率」など聞きにくいことまで企業について詳しく知ることができ、よく知った上で転職先の検討ができます。

ゲームプログラマー・ゲームエンジニアの転職でエージェントを使うメリット・注意点

ゲームプログラマー・ゲームエンジニアの転職で実際に転職エージェントを利用した際のメリット・デメリットをご紹介します。

転職エージェントを使うメリット

転職エージェントのメリット一覧

  • 業界や企業の詳細な情報を入手できる
  • マッチングのサポートと非公開求人の紹介
  • 充実した書類添削・面接対策
  • 転職活動の負担を減らせる

1. 求人票では分からない詳細な情報を入手

求人票だけでは職場の雰囲気や研修内容、リモートワークの割合など働き方に関するリアルな情報が全ては分かりません。

転職エージェントは求人先の情報を細かく入手しているため、家庭とのワークライフバランスや職場の雰囲気など気になることはなんでも聞いておくことができ、転職後のミスマッチを防ぐことができます。

2. マッチングのサポートと非公開求人の紹介

エージェントは個人のスキルや希望に合った求人を探し、企業との適切なマッチングをサポートしてくれます。

ゲーム業界の求人は多いサイトだと1万件以上はあるため、その中から自分に合った求人を探すのは大変です。 転職エージェントを利用することでマッチする求人を一から探す負担を軽くできます。

さらに転職エージェントを利用することで、一般には公開されていない非公開求人に出会うことができます。競争が少ない場合もあり、より良い求人を見つけられる可能性が高くなります。
特に管理職などの特別な求人や有名タイトルに関われる求人は企業側の都合で非公開になることが多いです。競合に人材不足がばれてしまったり、会社の信頼性に関係することもあるためです。

したがって、キャリアアップを目指している方や求人の幅を広げたい方は転職エージェントの利用がおすすめです。

3. 充実した書類添削・面接対策

転職エージェントを利用すると、書類添削や模擬面接といった選考対策のサポートを受けられます。

エージェントは多くの転職支援をしてきた経験から、選考対策のノウハウを持っています。
「どのような質問をされるのか」「自身の経験を最大限にアピールするにはどう伝えればよいか」など経験に基づいたアドバイスをもらえるので、効率的にしっかりと対策をすることができます。

さらに業界特化型のエージェントであれば、専門性の高い知財業界に対して特許事務に必要な専門知識、資格取得、スキルの向上などキャリアに関するアドバイスを受けることができます。

4. 転職活動の負担を減らせる

転職エージェントを利用することで、あなたの転職活動の負担を減らせます。まず、エージェントが気になる情報を教えてくれるため、情報収集する時間を削減できます。

さらに、日程調整や給与交渉など細かいサポートも魅力的です。

日程調整

転職活動は複数の企業と面接を行うので日程調整が煩雑になってしまいます。転職エージェントはあなたの代わりにあなたと企業担当者のスケジュールを調整してくれます。

仕事をしながらの転職活動は忙しいですが、このような日程調整をしてもらえると負担が減らすことができます。

本来力を入れるべき選考対策に集中することができます。

給与交渉や条件確認

給料や待遇を企業の担当者に直接聞いたり交渉したりするのはハードルが高いでしょう。

「待遇ばかり気にしている人だと思われたくない」

という方もいます。しかし、エージェントを介してなら給料や待遇を細かく知れます。さらに給料や待遇の交渉をエージェントに代行してもらえることもあります。

企業に転職し、いざ働き始めたときに「聞いていた話とは違う」とならないためにも事前によく交渉・確認しておきたいものです。

転職エージェントを使う注意点

転職エージェントの注意点

  • エージェントと相性が合わないことがある
  • 自分のペースで進められないことがある

1. エージェントと相性が合わないことがある

転職エージェントは様々な会社が存在し、エージェントによって得意分野が異なります。

また、同じエージェントサイトでもアドバイザーの経験値は幅広く、新人アドバイザーが担当につくことも十分に考えられます。

特許事務の転職には本記事で紹介したような特許事務に強い転職エージェントを利用しましょう。さらに担当アドバイザーとの相性が悪いと感じたら、我慢せずに問い合わせることで担当を変更できます。

2. 自分のペースで進められないことがある

転職エージェントを使うということは、アドバイザーとの連絡が必須となり、完全に自分のペースで転職活動することが難しいこともあります。エージェントへのレスポンスをなるべく早くすることで、転職活動が円滑に進み、解決できるでしょう。

エージェントがあなたの適性から、希望と異なる求人も紹介される可能性もあります。
自分では気づかないような求人まで紹介してもらえるという意味ではメリットでもありますが、全て自分で探して選びたいという方にとっては連絡がしつこいと感じてしまうかもしれません。
そういった場合は、エージェント側にその旨を伝えればしつこい連絡はなくなるため、まず問い合わせてみましょう。

「自分のペースで進めたい」「自分で全て選びたい」という方は、転職エージェントと合わせて転職サイトの利用をおすすめします。

転職エージェントを使う流れ

今回ご紹介した転職エージェントを使った転職の流れは、主に以下の通りです。
もちろん、合わないと感じた場合はその場で利用を辞めることも可能なため、気軽に登録してみてください。

1. 会員登録

名前や職歴等の必要事項を入力し、会員登録を行います

2. エージェントから連絡

登録後、転職エージェントの担当者から連絡があります。

3. アドバイザーとの面談

担当アドバイザーとの面談が行われます。この段階で、あなたの過去の経歴や長所・短所、希望する職種や企業などについてエージェントに伝えましょう。

4. 求人紹介

面談の内容に基づき、エージェントがあなたに合った求人を紹介してくれます。一般に公開されている求人のほかにも、非公開求人を紹介してくれる場合もあります。

5. 各種対策

希望する求人先に内定をもらえるように書類や面接の対策をします。転職エージェントは、求人先のニーズを理解した上で、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策など転職に関連するさまざまな支援をしてくれます。

6. 求人応募

紹介された求人情報に応募する場合、エージェントを通して求人に応募します。

エージェントを介さずに直接応募できる場合もあります。

7. 面接

求人先との面接が設定されます。

面接の手配やスケジュール管理はエージェントが代行してくれるケースが多いです。

8. 内定

内定が出た場合、エージェントが給与の交渉や条件の調整、現職の退社のサポートまでしてくれます。

転職エージェントの活用法4つ

ここでは、理想の転職を実現するための転職エージェントの活用法を4つ紹介します。

転職エージェントの活用法

  • 複数のエージェントに登録する
  • 希望条件を整理する
  • 担当エージェントが合わないと感じた場合には迷わず担当変更をお願いする
  • スキルや経験は正直に伝える

それぞれ以下で詳しく説明していきます。

1. 複数のエージェントに登録する

転職エージェントは複数登録しておくのがおすすめです。

エージェントが独自の非公開求人を保有している場合があるので、複数登録しておくことでより多くの求人に出会える可能性が高まります。また、複数の情報源を確保することでより客観的に情報の精査をすることができ、誤った情報に流されるリスクを減らすことができます。

ですが、できるだけ多く登録すればいいというわけではありません。情報が多すぎることは混乱に繋がり、むしろ非効率になりかねないため、まずは2〜3つ登録することをおすすめします。

2. 希望条件を整理する

あなたが転職にどんな条件を求めるのかを整理しておくことでエージェントとの会話がスムーズになり、効率よく転職活動を進められます。主に以下の項目を整理しておくといいでしょう。

整理しておくと良い希望条件

  • どんな仕事がしたいのか
  • 希望年収
  • 希望勤務地(リモートか否か)
  • 希望の福利厚生
  • ワークライフバランス・働き方(残業や休日の量)
  • いつまでに転職したいか

将来のビジョン・キャリアプランもあると尚よいですが、一緒に考えるところから丁寧にサポートしてくれる転職エージェントもあるため、業界を熟知しているエージェントと相談しながら決めていくのもいいでしょう。

また、これらの条件の中で優先順位や外せない条件を決めておくとさらにスムーズです。

まだ転職の意思が固まっていなくて相談したいだけという方は、希望条件も完璧に固まっている必要は全くありません。その旨をきちんとエージェントに伝えましょう。

3. 担当エージェントが合わないと感じた場合には迷わず交代をお願いする

転職エージェントを利用する際の注意点として、担当エージェントとの相性が合わないという場合が挙げられます。

エージェントの経験にも差があるので対応やアドバイスの質に不安を感じたり、もしくは会話が嚙み合わないなどと態度やコミュニケーション面で合わないと感じる場合があり得ます。

そのようなときは、そのままにするのではなく担当の変更を申し出ましょう。問い合わせの窓口やフォームが設けられていることが多いので、そこに申請することで柔軟に対応してもらえます。

4. スキルや経験は正直に伝える

誤ったスキルや経験を伝えてしまうと、エージェントはあなたに合った求人を探すことができません。現在の状況から丁寧にキャリアを考えてくれるのが、転職エージェントです。スキルや経験に自信がない方は相談しましょう。

内定の後でスキルや経験の誤りが発覚して、内定が取り消しになるケースもあります。そうなった場合、あなたにとってもエージェントにとっても、内定を出した企業にとってもマイナスとなってしまいます。必ず正しい情報をエージェントに伝えるようにしましょう。

ゲームプログラマー・ゲームエンジニアの転職のコツ

ゲームプログラマー・ゲームエンジニアの転職において有利に進めるためには、ポートフォリオの提出や資格が挙げられます。それぞれ解説していきます。

ポートフォリオの提出

ポートフォリオとは、自身の制作物をまとめて見られるように紙やPDFにまとめた作品集です。ビジュアルをメインに、説明文を添えて提出することがほとんどです。

キャリアのなかで制作したものだけでなく、プライベートで作成したものも有効で、自分のプログラミング力をアピールする材料となります。

ポートフォリオ作成について勉強しながら転職活動したい方には、ポートフォリオ作成のセミナーやサポートが手厚いマイナビクリエイターがおすすめです。

あると有利な資格

必須ではないですが、ゲームプログラマー・ゲームエンジニアの転職に有利な資格をピックアップしました。プログラマーとしてある程度実務経験を積んできた方や未経験からゲームプログラマーを目指したい方におすすめの資格です。

資格名概要受験料金公式サイト
基本情報技術者試験IT技術者の基本的かつ包括的な知識を問われる試験です。コンピュータの仕組みやシステム開発手法などの知識が問われます。7,500円(税込)https://www.ipa.go.jp/shiken/kubun/fe.html
Unity認定資格Unityというゲームエンジンの知識や技術を認定する試験です。4つのレベルがあるため、自分に合ったものを受験しましょう。34,055円~https://unity.com/ja/products/unity-certifications
CGエンジニア検定アニメーション、映像、ゲーム、VR、ARアプリなどの、ソフトウェアの開発やカスタマイズ、システム開発のための知識を測る検定です。難易度に応じて、ベーシック・エキスパートの2種類が存在します。ベーシック:5,600円(税込)
エキスパート:6,700円(税込)
https://www.cgarts.or.jp/v1/kentei/about/cg_engineer/index.html
TOEICゲームプログラマーには、TOEIC600点程度の英語の読解能力が必要になるでしょう。700点あれば、さらにアピールできる資格になります。6,490円(税込)https://www.iibc-global.org/toeic.html
C言語プログラミング能力検定試験C言語を駆使して応用プログラムを作成する能力を認定する資格試験です。1~3級まであり、3級と2級は筆記試験のみ、1級はパソコンを使った実技試験になります。転職では2級からアピール材料になることが多いようです。1級:7,800円(税込)
2級:6,400円(税込)
3級:5,200円(税込)
https://www.sikaku.gr.jp/js/cpjv/
Java™プログラミング能力認定試験Javaに関する基本知識、アプレットやアプリケーションプログラムを作成できる能力を認定する資格試験です。1~3級まであり、3級と2級は筆記試験、1級はパソコンを使った実技試験になっています。転職では2級からアピール材料になることが多いようです。1級:7,800円(税込)
2級:6,400円(税込)
3級:5,200円(税込)
https://www.sikaku.gr.jp/js/cpjv/

ゲームプログラマー・ゲームエンジニアの将来性

冒頭でもお伝えしたように、国内のゲーム市場の規模は10年連続で伸びていて、ゲーム業界自体の成長が今後も見込めます。 テクノロジーの進化に伴い、VRやAIを用いたゲームなど新規性にも長けている点やコロナ禍の影響で自宅で過ごす人が増えた点からも成長性が非常に高いと考えられます。

そのゲーム市場の土台となるゲームプログラマー・ゲームエンジニアの将来性も非常に高いと言えます。プログラミング技術だけでなく、VRやARなどの最新技術の動向を取り入れる姿勢や提案力のある人材が今後さらに需要が高まると予測されます。

ゲームプログラマー・ゲームエンジニアの仕事内容

ゲームプログラマーとは、プログラマーの中でもゲームのシステムを動かすプログラミングを専門的に行う職種です。キャラクターの動きやグラフィック、BGMなどを正しく動作させるための重要な役割です。ゲーム開発ではよくC#やJava、C++などのプログラミング言語が利用されています。

ゲームプログラマーは開発環境の整備からプログラミング、プログラム内の不具合を見つけて修正する作業(デバッグ)や機能の改善、バージョンアップまでを行います。

ゲームプログラマーは、ゲームエンジニアの一種です。ゲームエンジニアは上記の担当に加えて、要件の定義から関わり、ツール開発やワークフローの構築、インフラの整備・管理といった役割も担います。

ゲームプログラマー・ゲームエンジニアに身につくスキル

ゲームプログラマー・ゲームエンジニアの仕事では、プログラミングスキルやハードウェア・ネットワークに関する知識といったデジタルな専門知識だけでなく、論理的思考力やコミュニケーション能力といった応用的なスキルも身につきます。

下記にて詳しく解説します。

1. プログラミングスキル

ゲームプログラマー・ゲームエンジニアの最も要となるスキルがプログラミングです。ゲームのクオリティに大きく影響するため、高いスキルが求められます。プラットフォームやメーカーによって使用する言語はさまざまですが、C言語やC#、Javaなどが挙げられます。

2. ハードウェア・ネットワークに関する知識

ゲームプログラマー・ゲームエンジニアは、ユーザーの体験を向上させることを優先します。

ユーザーがどのようなハードウェアを使いゲームをプレイしているのかを知ることは、ゲームプログラマーにとって必須です。また、ネットワーク接続が必要となるゲームも増えているため、ネットワークへの理解も必要となります。

3. 論理的思考力

ゲームプログラマー・ゲームエンジニアは、論理的に考える機会が多くあります。

例えば、納期に間に合わせるためには何をいつまでに終わらせる必要があるのかといった道筋を立てたり、イメージしている結果になるためになるべく簡単なプログラミング構築を組むことが挙げられます。

結果から自分の行動を考える論理的な思考力は、どういった仕事でも必要となるポータブルなスキルです。

4. コミュニケーション能力

ゲーム開発は複数の人と連携して作業を行います。このとき、確実に相手と意思疎通が行えるコミュニケーション能力が求められます。年齢や立場の違う人たちの意図を汲み取り、ゲーム制作に活かすことが重要です。コミュニケーション能力をはじめとして、チームで働く力が伸びます。

5. 想像力

ゲームプログラマー・ゲームエンジニアは想像力を駆使する場面が多くあります。ゲームのルールや世界観を構築するのは、主にプランナーや企画の仕事ですが、そのルールや世界観を魅力的なものに実装するのは、ゲームプログラマーの仕事です。想像して頭にイメージを作り出せなければ、実装もできません。豊かな想像力や自由な発想力を養えます。

ゲームプログラマー・ゲームエンジニアの転職によくある質問

Q. 転職エージェントはなぜ無料なのでしょうか?

A.登録している企業側が料金を支払っているからです。
採用したい企業は費用を払って登録し、転職エージェントから求職者を紹介してもらっています。そのため転職希望者は無料で利用できるのです。企業側は自力で人材を見つけることが難しいことがあったり、すぐにスキルのある人材をほしかったりするため転職エージェントに採用活動を手伝ってもらっているのです。
「無料は怖い」と思う方もいるかもしれませんが、心配不要です。転職エージェントは転職者の年収とリンクした出来高制を採用していることが多いので、どうすれば転職者がよりよいキャリアを描けるのか真剣に考えてくれます。

Q. 現職が忙しくて転職活動にあまり時間を割けないのですが大丈夫ですか?

A. 大丈夫です!転職エージェントを活用しましょう
転職エージェントを活用することで転職活動にかかる時間を大幅に短縮することができます。自分にあった求人探しや日程調整、職歴書づくりなど様々なサポートを受けることができます。忙しさで転職活動をあきらめる前に一度転職エージェントに相談してみましょう!

Q. 転職エージェントから紹介された求人には必ず応募しなければいけませんか?

A. 必ず応募する必要はありません。
エージェントの提案は参考にしつつ、最終的な判断は自身ですることが望ましいです。転職するか否かや応募する求人などは、自身のキャリアや希望を考慮して判断しましょう。
また、すぐに転職を考えていない方でも、もちろん利用できます。あらかじめエージェントにその旨を伝えておくといいでしょう。

転職エージェントを活用して転職を成功させましょう

専門性の高いゲームプログラマー・ゲームエンジニアの転職では、自分一人で進めるよりも転職エージェントを利用することで効率的になる可能性が非常に高いです。

転職は人生の中で大きな決断だからこそ、転職のプロフェッショナルである転職エージェントの力を借りることをおすすめします。

もちろん合わないと感じたら、その場で利用を辞めることも可能です。
まずは気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

キャリアビューは、さまざまな業界ごとに独自で発展した転職サイト、転職エージェント、転職情報を公平な立場で評価し、これからその業界で転職をする方々に、効率的で有益な情報をお届けするメディアです。