CAREER VIEW

あなたのキャリアに新たな視点を。

POSTED
2023年10月19日
UPDATE
2024年3月1日

【2023年最新版】土地家屋調査士におすすめの転職エージェント比較3選!

土地家屋調査士 転職エージェント比較

「土地家屋調査士業界に転職したいけど、何から始めていいかわからない!」
「まだ資格はないが補助者になって実務経験を積みたい!」
「すぐに転職しないけど、業界に知り合いがいないから何も分からず困っている…」

このような方々には、事務所とのマッチングやキャリアアドバイスをしてくれる転職エージェントがおすすめです。

本記事では、

  • おすすめの転職エージェント3選
  • 土地家屋調査士とは?
  • 転職エージェントと転職サイトの違い
  • 転職エージェントを利用すべき理由
  • 転職エージェントのメリット・デメリット
  • 転職エージェントの活用法
  • よくある質問

についてご紹介します。

土地家屋調査士業界におすすめの転職エージェント一覧

転職エージェント
特徴
こんな人におすすめ

リーガルジョブボード

詳細を見る公式サイト
  • 唯一の業界専門エージェント
  • 求人数:200件以上
  • 充実の支援サービス
  • 業界専門情報サイト運営
  • X(旧Twitter)運営
  • Youtubeチャンネル運営
  • 業界に精通したアドバイザーに頼みたい
  • 圧倒的な求人数から選びたい
  • 業界情報(市場動向・トレンド)を知りたい

リクルートエージェント

詳細を見る公式サイト
  • 日本最大手総合エージェント
  • 求人数:20~30件
  • 充実の転職支援サービス
  • 平日夜、土日など柔軟な対応体制
  • 大手の会社に頼みたい
  • 総合型エージェントに頼みたい
  • 忙しくて転職の十分な時間が取れない

マイナビエージェント

詳細を見る公式サイト
  • 大手総合エージェント
  • 求人数:30~40件
  • 面談回数無制限
  • 総合部門顧客満足度No.1の手厚いサポート
  • 大手の会社に頼みたい
  • 総合型エージェントに頼みたい
  • 転職未経験者や第二新卒
☆この記事はPRを含みます
CAREER VIEWが紹介するサービスの一部には広告が含まれており、当サイトを経由して申し込みが行われた場合にサービスの提供元の企業様より報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイトはユーザーの利益を第一に考えており、サービスの評価に関して影響を及ぼすことはありません。

リーガルジョブボード

おすすめポイント

  • 業界最大の求人数!
  • アドバイザーは全員業界に精通している
  • LINEで気軽に相談が可能

リーガルジョブボードは土地家屋調査士業界で唯一の、土地家屋調査士/補助者に特化した転職エージェントです。

他エージェントと比較して土地家屋調査士の求人数が圧倒的に多いことに加え、転職ノウハウを多く持っていることが特徴です。 自分に合ったより良い求人に転職できることが期待できます。

さらに土地家屋調査士業界に詳しい転職エージェントが必ず担当となるため、安心して転職活動が進められます。

土地家屋調査士の転職エージェント選びで迷ったときはまずはリーガルジョブボードに登録することをおすすめします!

土地家屋調査士業界の転職で大切な情報収集においても、リーガルジョブボードは優れています。 転職エージェントが各事務所や企業に直接訪問もしくはオンラインで打ち合わせをして 「代表の人柄」「職場の雰囲気」「業務の進め方」など細かくヒアリングしています。

そのため、求職者は求人票には載っていない裏側の情報まで知ることができ、転職後に「入社前と聞いていた話と違った…」というミスマッチを防げます。

求人紹介だけでなく「書類添削」や「面接対策」など選考対策のフォローも丁寧に行っています。
転職を直近で考えていなくても、予約も簡単なキャリア相談をいつでも開催しているので、まずは登録しておくのがよいかもしれません。

土地家屋調査士の業務や転職情報についてのYoutubeチャンネルX(Twitter)オウンドメディアを運営しているので、業界情報を集めたい人はチェックしてみましょう!

運営会社株式会社WILLCO
求人数※200件以上
料金無料
対応地域全国
サービス内容ヒアリング・求人紹介
面接対策給与交渉や面接スケジュール管理
履歴書・職務経歴書の添削
ダイレクトリクルーティング
転職情報メディア「リーガルジョブマガジン」
SNS:旧Twitter, Youtube
LINEで気軽に相談可能
公式サイトhttps://legal-job-board.com/
※2023年10月時点

リーガルジョブボードの求人はこちらから

 

リクルートエージェント

おすすめポイント

  • 安心の大手総合型エージェント
  • 充実の転職支援サービス
  • 土日、平日の夜など柔軟に面談調整

リクルートエージェントは、大手リクルートグループが運営する総合転職エージェントです。

土地家屋調査士業界においてはまだまだ求人数が少ないですが、転職市場の成熟とともに今後増えていく可能性があります。

業界最大手として転職支援サービスが充実しているのが特徴です。求人提案や書類添削、面接対策から退職交渉まで丁寧なサービスを受けることができます。

親身なサポートと多数の求人がありますので、未経験の方にもおすすめです。

「大手が安心」という人には特におすすめです。

市場価値を知るだけなど気軽に利用することができるため、特化型サービスと併用して登録しておくのもよいでしょう。

運営会社株式会社リクルート
求人数※20件以上
料金無料
対応地域全国
サービス内容ヒアリング・求人紹介
履歴書・職務経歴書の添削
独自に分析した企業情報の提供
面接対策
転職支援専用システム 「Personal Desktop」
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
※2023年10月時点

 

マイナビエージェント

おすすめポイント

  • 顧客満足度No.1の手厚いサポート!
  • 第二新卒・未経験の方におすすめ!
  • 面談回数無制限!

マイナビエージェントは、親身なサービスを特徴にしている総合転職エージェントです。

2023年オリコン顧客満足度ランキングで総合1位を獲得しており、初めての転職で手厚いサポートをしてほしい方に特におすすめです。

土地家屋調査士に関連する公開求人数はまだ少ないですが今後増加する可能性があります。

熱意のあるアドバイザーが親身になってサポートしてくれることが評判になっており、面談回数も無制限なので納得の転職を狙えます。

年収交渉や入社日調整までサポートしてくれますので、転職が初めての方でも安心です。

また、第二新卒や中小企業を多く扱っているので、未経験の方や若手の方におすすめです。

運営会社株式会社マイナビ
求人数※30件以上
料金無料
対応地域全国
サービス内容ヒアリング・求人紹介
履歴書・職務経歴書の添削
企業情報の提供
面接対策
回数無制限の面談サービス
転職役立ち情報満載の公式サイト
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
※2023年10月時点

  

土地家屋調査士とは

土地家屋調査士とは、建物や土地の登記に関して、調査・測量から登記・申請までを土地所有者からの依頼を受けて行う職業です。

業務が似ている職種に司法書士がありますが、司法書士が行う業務が「権利の登記」なのに対し、土地家屋調査士が行う業務は「表示の登記」という点で異なります。さらに土地家屋調査士は登記のために現場仕事を行うという点でも特徴があるでしょう。

土地家屋調査士になるためには、基本的に土地家屋調査士試験に合格する必要があります。近年の合格者は400人ほど、合格率は10%前後と簡単な資格ではありません。

受験者数の減少や高齢化も影響し、地家屋調査士業界は人手不足が見られます。

一方で、資格を持っていなくても補助者として働くことができるため、現在資格勉強中の方や将来資格取得を考えている人にもこの記事はおすすめです。

独占業務の存在や相続案件の増加もあり、今後も土地家屋調査士の需要がなくなることはないという見方が優勢です。普段、注目されることは少ないですが、社会貢献性と専門性が高く、活躍の場がたくさんある職業です。

 

転職エージェントと転職サイトの違い

「転職エージェントとは何なのか?」と思った方も多いかもしれません。
転職エージェントと転職サイトの比較を表にまとめました。

転職エージェントとは、転職・就職を検討している方と採用したいと考えている事務所の間に入り、マッチングや選考対策・交渉など、双方の橋渡しをするサービスです。

転職サイトを利用する転職ではすべて自分ひとりでやらなければいけません。特に仕事をしながらの転職活動は大変です。

しかし、転職エージェントを利用すれば忙しい中でも効率的に転職活動をすることができます。

 

土地家屋調査士業界への転職こそ転職エージェントを使うべき3つの理由

土地家屋調査士の転職にエージェントが必要なのか?」と思われた方も多いと思います。転職エージェント自体がかなり世の中に浸透してきたなかで、土地家屋調査士業界ではまだまだ浸透していません。

しかし、土地家屋調査士業界の転職こそ転職エージェントを利用すべき理由が3つあります。

1.職場環境が整っていないことがあるから

土地家屋調査士業界では、労働環境が整っていないことがしばしばあります。

  • 残業や土日出勤も多いが、残業代が支払われない。
  • 土日出勤をしたのに振替休暇が取得できない。
  • 未経験で入職したが教育環境が整っておらず、初めて行う業務ですらもまともに教えてもらえない。

などの声は依然としてあります。 こういった背景には転職市場が未熟なことが挙げられます。
事務所同士で求職者を取り合う競争が活発ではないため、労働環境の改善が進んでいません。

だからこそ、転職エージェントが重要です。
転職エージェントが事務所の実情を把握しているので、労働環境についての事前情報が得られやすいからです。
さらに転職エージェントの利用が広がることで、環境の整った事務所が選ばれるようになれば、業界全体の労働環境改善につながります。

2. 人間関係が特に大切だから

土地家屋調査士業界の転職においては、人間関係に気を付けることも重要です。

理由は、土地家屋調査士の事務所が比較的少人数だからです。特定の人物との接点が多いため人間関係が重要になります。 例えば、次のような人間関係トラブルが考えられます。

  • 代表と相性が悪く、業務を教わることが難しくなり適切に評価をしてもらえない
  • 現場仕事を一緒に行く所員と仲が悪く、精神的に追い込まれてしまう

このようなことがあると、短期での離職につながってしまいます

だからこそ転職エージェントが重要になります。
求職者と事務所の両方をよく知る転職エージェントがマッチングのサポートをすることで、ご自身と相性が良い職場に転職することができます
事務所の良い点だけでなく、事務所が抱える課題点も共有するので入職後のミスマッチがおこりづらいのです。

3.業界情報が手に入りにくいから

最後は業界の情報が手に入りにくいからです。

身近に土地家屋調査士業界に精通している方は少ないと思います。
また、インターネットで検索しても「求人やHP」の情報ぐらいで、土地家屋調査士業界で働く人の生の声や、業務や事務所の実情がわかる情報はなかなか見つかりません。

実際、 「調査士業界について自分で調べてみたけど、情報が少なくて働くイメージがしづらい」 「調査士業界で働いている知り合いはいるけど、その情報が正しいかがわからない」 と思った方もいると思います。

そのため、転職エージェントが役立ちます。

まず第一に、転職エージェントを利用することで求人だけではわからない業界の構造やトレンド、事務所ごとの特徴を知ることができ、情報を効率的に得ることができます。

さらに、業界に精通したエージェントからキャリアアドバイスを受けることができます。
例を挙げると、

  • 資格取得後に就職した方がよいか、働きながら資格取得を目指すか迷っている
  • 独立を検討している人

などがあります。

情報が手に入りにくい業界だからこそ、転職エージェントを活用して良い転職を実現しましょう!

 

転職エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントのメリット

  • 業界や企業の詳細な情報が得られる
  • 1対1の選考対策
  • 忙しい人にとって嬉しいサポート

1. 業界や企業の詳細な情報が得られる

各業界の情報は専門性が高く、入手が難しいことがあります。
転職エージェントは多くの企業とコネクションを持っており、業界の傾向や動向を熟知しています。

具体的には、

・転職市場の動向
・各企業の業績
・業界内での立ち位置
・職場の雰囲気
・評価制度
・求人の傾向

などの情報を専門的な視点から分析しアドバイスしてくれます。
自分だけでは気づかなかった観点からの情報も知ることができるので、転職後のミスマッチを防ぐことができます。

2. 1対1の選考対策

転職エージェントを利用すると、書類添削や模擬面接といった選考に関するサポートを受けることができます。

エージェントは多くの転職支援をしてきた経験を通して、選考対策のノウハウを蓄積しています。
「どのような質問をされるのか」「自身の経験を最大限にアピールするにはどう伝えればよいか」など経験に基づいたアドバイスをもらえるので、忙しい中でもしっかりと対策をすることができます。
さらに、事務所の代表の方の雰囲気なども事前に知ることができるので、効果的な面接対策ができます。

特に初めて転職するという方は、ぜひ転職エージェントを活用するべきでしょう。

3. 忙しい人にとって嬉しいサポート

日程調整

転職活動は複数の企業と面接を行うので日程調整が煩雑になってしまいます。転職エージェントはあなたの代わりにあなたと企業担当者のスケジュールを調整してくれます。

仕事をしながらの転職活動は忙しいので、このような日程調整があるだけでもかなり負担感が減り、本来力を入れるべき選考対策に集中することができます。

給与交渉や条件確認

給料や待遇を企業の担当者に直接聞いたり交渉したりするのはハードルが高いでしょう。

「待遇ばかり気にしている人だと思われたくない」

というのはもっともな悩みです。しかし、エージェントを介してなら聞きにくいことを知ることができます。
企業に内定し、いざ働き始めたときに「聞いていた話とは違う」とならないためにも事前によく交渉・確認しておきたいものです。

さらに、転職エージェントを介して労働条件通知書を貰うことができます。
良い労働環境は転職において非常に重要です。

 

転職エージェントのデメリット

  • エージェントと相性が合わないことがある
  • 自分のペースで進められない

1.エージェントと相性が合わないことがある

転職エージェントは様々な会社が存在し、エージェントによって得意分野が異なります。
また同じエージェントでもアドバイザーの経験値は幅広く、新人アドバイザーが担当につくことも十分に考えられます。

土地家屋調査士の転職には前述したような土地家屋調査士業界に強い転職エージェントを利用しましょう。さらに担当アドバイザーとの相性が悪いと感じたら、我慢せずに問い合わせることで担当を変更してもらえるようなので大丈夫です。

2.自分のペースで進められない

転職エージェントを使うということは、アドバイザーとの連絡が必須となり、完全に自分のペースで転職活動することが難しいこともあります。

さらに求人選びも基本的にエージェントの選択にゆだねられます。
そのため、「自分のペースで進めたい」「自分で選びたい」という方は直接応募も可能な転職エージェントサービスがおすすめです。 リーガルジョブボードは直接応募も可能な転職エージェントの1つです。

 

転職エージェントの活用法4選

ここでは、理想の転職を実現するための転職エージェントの活用法を4つ紹介します。

転職エージェントの活用法

  • 転職だけにとらわれない「キャリア相談」のツールとして気軽に使う
  • 複数のエージェントに登録する
  • 選考対策サービスを積極的に活用する
  • 担当エージェントが合わないと感じた場合には迷わず交代をお願いする

それぞれ以下で詳しく説明していきます。

 

転職だけに囚われない「キャリア相談」のツールとして気軽に使う

転職エージェントは、「転職するという覚悟が決まっていないと利用してはいけない」なんてことはありません

転職エージェントは求人の紹介だけでなく、あなたの経歴や実績がどのくらいの市場価値を持つのかを分析してくれたり、今後のキャリアプランを一緒に考えてくれます。

転職するかどうか迷っている方でも、理想のキャリアプランについて無料で相談できる場として転職エージェントを気軽に活用するのがおすすめです。

複数のエージェントに登録する

転職エージェントは複数登録しておくのがおすすめです。

エージェントが独自の非公開求人を保有している場合があるので、複数登録しておくことでより多くの求人に出会える可能性が高まります。

また、複数の情報源を確保することでより客観的に情報の精査をすることができ、誤った情報に流されるリスクを減らすことができます。

選考対策サービスを積極的に活用する

転職エージェントは書類添削模擬面接といった選考対策のサービスがあるので、それらを積極的に活用していきましょう。

転職エージェントは多くの転職支援をしてきた経験を通して、選考対策のノウハウを蓄積しています。
そのノウハウを活用することで、職務経歴書や面接などであなたの経歴やスキルを最大限にアピールする方法が分かります。

また、現職の仕事が忙しくなかなか転職活動に時間を割けないという方も多くいると思います。そういった方はエージェントと2人3脚で対策を積むことで、効率的に転職活動を進められるでしょう。

担当エージェントが合わないと感じた場合には迷わず交代をお願いする

転職エージェントを利用する際の注意点として、担当エージェントとの相性が合わないという場合が挙げられます。

エージェントの経験にも差があるので対応やアドバイスの質に不安を感じたり、もしくは会話が嚙み合わないなどと態度やコミュニケーション面で合わないと感じる場合があり得ます。

そのようなときは、そのままにするのではなく担当の変更を申し出ましょう。問い合わせの窓口やフォームが設けられていることが多いので、そこに申請することで柔軟に対応してもらえます。

 

よくある質問 Q&A

Q. 土地家屋調査士の資格をまだ持っていないのですが、転職エージェントに登録してもよいですか?

A.大丈夫です!
すぐに転職を検討していなくてもキャリア相談として利用することができます。
さらに土地家屋調査士事務所・法人の求人には資格がいらないものもあります。
土地家屋調査士の資格は取得難易度が高く、勉強時間を多く要します。そのため補助者として職に就き、働きながら資格取得を目指す人も多いです。事務所の中には、そのような人を応援し資格勉強のための配慮をしてくれるところがあります。資格が取れるまで転職活動を始めないのではなく、まずはエージェントに相談してみることをおすすめします。

Q. 現職が忙しくて転職活動にあまり時間を割けないのですが大丈夫ですか?

A. 大丈夫です!転職エージェントを活用しましょう!
転職エージェントを活用することで転職活動にかかる時間を大幅に短縮することができます。自分にあった求人探しや日程調整、職務経歴書づくりなど様々なサポートを受けることができます。忙しさで転職活動をあきらめる前に一度転職エージェントに相談してみましょう!

Q. 転職エージェントから紹介された求人には必ず応募しなければいけませんか?

A. 必ず応募する必要はありません。
エージェントの提案は参考にするべきですが、最終的な判断は自身で行うべきです。自分のキャリア目標やスキルに合致し、興味を持てる求人に絞り込み、選択肢を検討しましょう。

まとめ

土地家屋調査士の転職活動は断然、転職エージェントの活用がおすすめです。

土地家屋調査士特有の事情や非公開求人、自分にあった企業とのマッチング、面接対策、キャリアアドバイス、などなどこれらが完全無料で受けられる転職エージェントを活用しない理由がありません。

途中で「やはり違うな」と思ったらその場で利用をやめることもできます。まずは気軽に登録してみてはいかがでしょうか?

キャリアビューは、さまざまな業界ごとに独自で発展した転職サイト、転職エージェント、転職情報を公平な立場で評価し、これからその業界で転職をする方々に、効率的で有益な情報をお届けするメディアです。