CAREER VIEW

あなたのキャリアに新たな視点を。

コンサル転職でよくある失敗例を紹介!失敗しないための転職活動の進め方も解説

コンサル

コンサル業界は転職市場において人気の業界で、未経験から目指す人も多くいます。

その一方で、コンサルタントへ転職した後に「失敗した」と感じる人も多くいるのも事実。実はそういった人たちには、失敗してしまうパターンが存在します。

そこでこの記事では、

  • コンサル転職でよくある4つの失敗例
  • 失敗する人の特徴
  • 失敗しないための転職活動の進め方

について解説します。

コンサル転職で失敗したくない人や、転職を成功させたい人は、ぜひ最後までお読みください!

この記事はPRを含みます

CAREER VIEWが紹介するサービスの一部には広告が含まれており、当サイトを経由して申し込みが行われた場合にサービスの提供元の企業様より報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイトはユーザーの利益を第一に考えており、サービスの評価に関して影響を及ぼすことはありません。

コンサル転職でよくある4つの失敗例

スキルに見合わない高年収で転職

一見すると「年収アップして何か悪いことがあるのか?」と思われるかもしれません。
しかし、一般的に年収条件は求められる成果と比例しているため、年収が高いということはそれだけ成果の期待値も高いということになります。

求められる成果が出せないと評価が低くなってしまう場合もありますし、働いているなかで自身のスキルとの間にギャップを感じて精神的に辛くなってしまいます。

特に未経験の場合は、年収だけでなくファーム側からどんなことを求められているのかも確認しましょう。

労働量の多さに慣れない

コンサルタントは、他と比べても業務量が多く勤務時間も長い職業です。決められた期限内にクライアントの期待を超える提案をしなければならない仕事なので、プロジェクトの繁忙期には残業することもしばしばあります。

OpenWorkの調査によると、コンサルティング業界の平均月間残業時間は83.5時間で、全業界の中でトップの残業時間となっています。(※)

近年は働き方改革が進み、残業時間は減少傾向にあります。それでも未経験から転職する人にとっては、慣れるまで体力的につらいと感じる場合が多いでしょう。また、初めの頃は特に知識をインプットする必要があるため、勉強する時間の確保もしなければならないでしょう。

約6万8000件の社員口コミから分析した‘残業時間’に関するレポート-OpenWork(参照:2023.10.20)

実力主義の風潮に対応できない

コンサルティングファームは、年功序列型ではなく成果主義・実力主義な傾向があります。年齢や勤続年数などに関係なく、成果を出すことが年収アップや昇進につながります。
そのため、事業会社と比べると競争の激しい環境だと言えます。

加えて周りに優秀な人が多くいるため、それがプレッシャーにつながる場合も。同期や年下でも「この人には敵わないな」と劣等感を抱くことがあるかもしれません。

未経験の場合は、前職とは環境が違うということを認識しておく必要があります。

前職のスキル・経験を活かせない

コンサルタントにとって、担当業界の深い理解や専門スキルへの知見はもちろん重要です。しかし同時に、論理的思考力やコミュニケーション力といったコンサルタントとしての素養も必要不可欠なものです。
これを理解していないと、前職の実務経験や実績に頼りがちになって新しい知識をインプットしようとしなくなり、コンサルタントスキルを伸ばせなくなってしまいます。

また、転職後に前職と親和性のある業界分野にアサインされたとしても、実際のプロジェクトではシステム導入や業務効率化に関する知見ばかりが求められるケースもあります。結果として、前職の経験や知識をほとんど活かせず、ギャップを感じることにつながるかもしれません。

コンサルでは、案件ごとに求められるスキルが微妙に変化するため、その度に勉強して成長しようとするマインドを持っている方は適任であると言えます。

コンサル転職で失敗する人の特徴

コンサルへのあこがれが強い

未経験からコンサルタントに転職すると、最初はアナリストやコンサルタントといったポジションにアサインされます。
これらのポジションでは、クライアントと対面して提案するよりも、データ分析や提案資料の作成といった地道な作業が中心です。そういった一つ一つの作業にもこだわり、学びを得ようとする姿勢が重要です。

コンサルタントに対して華やかなイメージを持っていると、仕事内容にギャップを感じてしまい苦しむでしょう。

ハードワークに対する耐性が弱い

コンサルタントは、決まった期限内にクライアントの期待を超える提案が求められる仕事です。一つの仕事だけでなく、複数の仕事を任されることもあり、マルチタスク能力も求められます。繁忙期には毎日残業することも珍しくありません。

作業量とプレッシャーのどちらも要求される環境のため、知力だけでなく体力・精神力が必要です。

自発的に勉強ができない

コンサルタントはクライアントの期待を超える提案をするために、常に最新の業界情報・知識をキャッチアップすることが求められます。

自発的に知識をインプットすることが苦手な人だと、コンサルタントとして結果を出せずに周りが成長していく中で取り残されてしまうかもしれません。人から言われるのを待つのではなく、自分で考え行動できる方はコンサルタントへの適性があります。

コンサル転職で失敗しないための転職活動の進め方

ここまでは、コンサル転職において失敗してしまう理由と失敗する人の特徴について解説してきました。

では、失敗を防ぐためにはどうすれば良いのでしょうか。
そのためには、転職活動を進める中で以下の2点を意識しましょう。

失敗しないための転職活動の進め方

  • コンサル業界各ファームの仕事内容・働き方を理解する
  • 自身のコンサルタント適性を確認する

コンサル業界各ファームの仕事内容・働き方を理解する

コンサルは「企業のお医者さん」と言われており、クライアントの事業内容や業界知識を勉強・理解した上でアドバイスをする仕事です。そのため、自社サービスを展開する事業会社とは仕事内容や働き方に違いがあります。
その違いを理解していないと、転職前に抱いていたイメージとの間にギャップを感じて転職後に後悔することになります。

また、同じコンサルティングファームでも、戦略・総合・ITなどの領域や日系・外資系の違いによっても働き方や雰囲気が変わってきます。同時に、どんな人物にどのようなスキルを求めているのかも各ファームによって異なります。それらの特徴を知った上で、自分に合った転職先を検討することが重要です。

自身のコンサルタント適性を確認する

コンサルタントの働き方が自分と合っているかを予めきちんと確認しましょう。
コンサルタントという職業は、ビジネスの上流に携われる仕事内容や高年収などの魅力的な面も多いですが、労働時間や仕事にかかるプレッシャーといった厳しい面も存在します。良い面だけでなく厳しい面も認識したうえで、自分のコンサルタント適性を判断しましょう。

この判断は自分ひとりでするよりも、第3者に客観的に評価してもらうのが一番です。

そこでおすすめなのが、業界専門の転職エージェントを利用することです。コンサル業界に精通した転職のプロがマンツーマンで分析・アドバイスしてくれるので、自身のコンサル適性をかなり正確に把握できるでしょう。

さらに、コンサル業界を専門とする転職エージェントは、様々なファームで働いている何人ものコンサルタントと直接やり取りをしています。そのため、各ファームの特徴や社員の雰囲気、求めている人物像など、求人票だけでは分からない部分まで熟知しています。彼らに相談しながら転職活動を進めることで、自分に合ったファームをより正確に見極められるでしょう。

合わせて読みたい記事はこちら

コンサル転職での失敗を防ぐには転職エージェントの利用がおすすめ

コンサル業界への転職を失敗・後悔しないためには、業界専門の転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを利用すると、

  • アドバイザーが業界情報を提供してくれ、各ファームの特徴が理解できる
  • 転職のプロに自身のコンサル適性を分析してもらえる
  • 自分にマッチするコンサル求人を紹介してもらえる
  • 書類添削・面接対策など選考活動をサポートしてもらえる

といったメリットを得られます。転職エージェントは、紹介先の企業から手数料を得ているため、求職者は無料で利用できる点も魅力的です。

また、そこまで転職を考えていない人でも、自身の現時点での市場価値の分析やキャリアプランの相談のためにエージェントを活用することもできます。

コンサル業界への転職がどのくらい合っているのか、迷っている人はコンサル専門の転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。

コンサル業界に強いおすすめエージェント

エージェント名
特徴
詳細
  • 支援実績の9割がコンサル業界未経験者
  • 300社以上のファームとの強固なコネクション
  • ユーザーの満足度が高く信頼度やサポートの充実度などの項目で高い評価を獲得
  • 大手コンサルファーム在籍者の4人に1人が登録しており、転職支援数第1位
  • 平均支援期間3年の長期的なキャリア支援
  • コンサル業界における全てのキャリアパスを熟知しており、的確なアドバイスがもらえる
  • コンサルファーム年間内定者数500名以上
  • 同時対応人数を限定し、手厚い支援を実現
  • 幅広いバックグラウンドからの転職支援実績
  • ハイクラス・ミドルクラスに特化していて、5年連続高い満足度を示す実績あり
  • 求人先の社風や採用方針といった細かい情報まで聞いた上で応募できる
  • コンサル業界に精通したアドバイザーが在籍

合わせて読みたい記事はこちら