CAREER VIEW

あなたのキャリアに新たな視点を。

POSTED
2023年11月17日
UPDATE
2024年6月13日

【司法修習生向け】就職活動におすすめ就職エージェント5選 2023年度版

司法修習生 転職エージェント比較

「司法試験に合格したけど、就職活動の進め方がわからない…」
「弁護士になりたいけど何から手をつければよいのかわからない…」

そういった方に司法修習生の就職をサポートする就職エージェントをご紹介します。

本記事でわかること

  • おすすめの就職エージェント
  • 就職先ごとの年収
  • 就職エージェント活用法

就職活動を進めるうえで必要な情報がたくさん載っているので、ぜひ最後までご覧ください!


就職エージェントとは

就職エージェントとは就活のプロフェッショナルであるキャリアアドバイザーがどんな業界に向いているのか、何から始めたらいいのかに関する相談に乗ってくれるサービスです。さらに書類添削や面接対策といったサポートをしてくれるサービスです。就職エージェントは、紹介先から報酬をもらって運営しているので、基本無料でサービスを受けることができます。

就職エージェントを使うメリット

就活を進めるうえで就職エージェントは大いに役立ちます。ここでは就職エージェントを使うメリットを3つご紹介します。

1,客観的視点から大切なファーストキャリアの決定をサポート

自分一人では思い込みがあったり業界について詳しくわからなかったりと自分に合った理想の就職先を探すことはなかなか難しいです。しかし、就職エージェントの力を借りれば、自分に合った就職先を見つけられます。これは、就活のプロであるキャリアアドバイザーのサポートを受けて探すことができるからです。大切なファーストキャリアは客観的視点を取り入れて自分にあったものにしましょう!

2,膨大の情報量

就職活動の上で障壁となるのは情報不足でしょう。エージェントはいろいろな業界についての情報を提供してくれます。それを参考にして業界を選ぶもよし、就職予定の業界についての理解を深めて就職後ギャップをなくすこともできます。

3,一緒に理想の求人を探してくれる

一人で就職活動を進めていくと自分の理想の求人に出会えないことも多いと思います。しかし、エージェントが理想にあう求人を一緒に探してくれるので、理想の求人を発見できます!また、公開求人だけでなく非公開求人からもあなたの理想に合う求人を探してくれます。非公開求人とは、企業のホームページや就職サイトには掲載されずエージェントを通じてのみ紹介される求人をさします。公開されない理由は「競合他社に情報が漏れないようにしたい」「優秀な人材を効率よく獲得したい」など様々であり、就職サイトでは出会えない好条件な求人を見つけることができます。

4,書類添削・面接

多くの就職エージェントでは、エントリーシートや履歴書などの添削をおこなっており、これによってクオリティーの高い書類を作成できるので書類通過率が高くなります。また、緊張しがちな面接についてもしっかりと対策をしてもらえるので、自分の強みを存分にアピールすることができるようになります。初めての就職活動、何かと不安な点も多いと思いますが、就職のプロであるエージェントと二人三脚で乗り越えていきましょう!

おすすめ就職エージェント5選

就職エージェント比較表

エージェント名
特徴
詳細

圧倒的に数が多く、さらに詳細で質の高い求人情報が特徴です。キャリアプランナーが求職者のキャリアプランを一緒に考え、熱心にサポートしてくれます。

弁護士業界に特化したエージェントであるため、専門性が高いのが特徴です。書類添削や面接対策などを行ってもらえるのが魅力的です。

専任エージェントが就職後までサポートしてくれるのが特徴的です。求人情報だけでなく、説明会やインターンの情報も掲載してあるので必見です!

弁護士業界を知り尽くしたコンサルタントが求職者に合った求人を一緒に探してくれます。また、エージェントの運営するLEGAL NETで法科大学院性向けのコンテンツを配信しています。

求人情報だけでなく、求職者に役立つ情報を多数掲載しています。また、取り扱う訴訟で求人検索できるので、自分に合った求人と出会うことができます。

LEGAL JOB BOARD(リーガルジョブボード)

おすすめポイント

  • 業界最大級の求人数、大手弁護士事務所の求人も取り扱い!
  • LINEで気軽に相談できる
  • 業界を熟知したキャリアプランナーの熱心なサポート

リーガルジョブボードの特徴として「業界最大級の求人数」「エージェントの専門性」が挙げられます。

求人に関しては企業法務、一般民事、インハウスと幅広い求人を業界最大級に取り扱っており、ひまわり求人などには掲載されていない求人情報を得ることができます。求人数が多いので、あなたにぴったりの求人を見つけることができるでしょう。インハウスは未経験弁護士の求人はあまりないのですが、希望すればインハウスとして働くためにエージェントから多くのサポートを受けることができるので、インハウスとして働くことも十分に可能です。

また、大手弁護士事務所の求人も取り扱っているので、大手で経験を積みたい方にぴったりです!

担当するのは弁護士業界に精通したエージェントです。業界事情を知り尽くした エージェントだからこそ、あなたの今後のキャリアプランを一緒に考え、適切なアドバイスをくれます。

求人票に記載されている内容だけではなく、事務所の口コミ、立ち位置、取扱分野、その事務所に入社した際の市場価値等、事務所選びに必要な情報を多くお伝えすることができます。

情報がクローズドな業界だからこそエージェントを活用し、大切なファーストキャリア選びを有利に、かつミスマッチのないよう進めることができます。

今すぐ求人をみる

詳細はこちら

運営会社株式会社WILLCO
司法修習生求人数約100件
料金無料
対応地域全国
サービス内容求人紹介
書類添削
面接対策
面接同行
公式サイトhttps://legal-job-board.com/

NO LIMIT(ノーリミット)

おすすめポイント

  • 徹底した書類選考対策
  • 幅広い求人情報
  • 弁護士・法務人材に特化したキャリアアドバイザー

ノーリミットは弁護士業界に特化した転職支援サービスであり、弁護士業界に精通したキャリアアドバイザーがひとりひとりの希望に合った求人を厳選して紹介してくれます。

また、履歴書添削サポートなど書類選考対策をしっかり行ってくれるため、法律事務所・企業への書類通過率は70%と大変高いです。

求人件数は少ないですが、企業法務未経験の方でも積極採用してくれる事務所など司法修習生のニーズに合う求人まで取り揃えています。

詳細はこちら

運営会社株式会社アシロ
司法修習生求人数約25件
料金無料
対応地域全国
サービス内容求人紹介
書類添削
面接対策
公式サイトhttps://no-limit.careers/company/

弁護士転職.jp

おすすめポイント

  • 専任エージェントの就職した後まで熱心なサポート
  • 豊富な就職情報
  • インターンや説明会の紹介

弁護士転職.jp最大の特徴は専任エージェントが就職したあとまで支援してくれる点です。法曹業界に精通したエージェントとの相談を重ねることで、あなたの希望に沿った法律事務所や企業を紹介します。

応募先を選定した後も、履歴書・職務経歴書の添削や作成サポート、面接対策のアドバイスをしてもらえるだけでなく、面接日の設定、給与・待遇などの条件交渉まで代行してくれます。そして専任エージェントは内定後もその後の弁護士としてのキャリアを充実させるサポートをしてくれます。

弁護士転職.jpでは求人情報だけでなく、インターン情報、説明会情報も掲載しています。これらに参加すれば就職活動を有利に進められるのではないでしょうか。

詳細はこちら

運営会社株式会社C&Rリーガル・エージェンシー社
司法修習生求人数約100件
料金無料
対応地域全国
サービス内容求人検索
書類添削
面接対策
条件交渉
公式サイトhttps://www.bengoshitenshoku.jp/

MS Agent

おすすめポイント

  • 業界を知り尽くしたコンサルタント
  • 選考段階における手厚いサポート
  • 就職で役立つ情報を多数掲載

MS Agentは業界を知り尽くしたコンサルタントが求職者とのカウンセリングを通じて条件に合致した求人を探し出してくれます。

選考の準備段階においては、あなたの強みを引き出す応募書類の書き方、面接の対策などをしてくれます。さらに面接の日程調整なども請け負ってくれます。内定時の労働条件や入社日など自分では難しい交渉も代行してくれます。

また、MS Agentが運営している情報サイトLEGAL NETでは法科大学院修了生向けのコンテンツも取り揃えています。たとえば、セミナーの開催情報や就職活動の進め方を解説する記事などを掲載しています。それらの記事を参考にすればよりスムーズに就職活動を進められるはずです!

詳細はこちら

運営会社株式会社MS-Japan
司法修習生求人数約25件
料金無料
対応地域全国
サービス内容求人検索
書類添削
面接対策
条件交渉
公式サイトhttps://www.jmsc.co.jp/

弁護士求人ナビ

おすすめポイント

  • 司法修習生の生の声が聞ける
  • 取り扱い分野ごとの求人検索
  • 司法修習生向け合同説明会を多く掲載

弁護士求人ナビは求人情報を掲載しているだけでなく、司法修習生やそのほか求職者に向けた情報を数多く発信していることが特徴です。特に、現役の司法修習生が執筆している司法修習に関する記事は生の声が聞けるので大いに参考になります。また、弁護士の方へのインタビュー記事も豊富なので、弁護士とはどのような職業なのかより詳細に知ることができます。

取り扱う訴訟の分野に合わせて求人検索をできるのも弁護士求人ナビの魅力の一つです。自分のやりたい分野での就職・転職活動を進めやすいでしょう。

司法修習生に向けた合同説明会の情報を数多く掲載しているのも特徴です。情報不足になりがちな司法修習生にとって有益な情報をたくさん得られるはずです。

詳細はこちら

運営会社株式会社カイラスタイル
司法修習生求人数約80件
料金無料
対応地域全国
サービス内容求人検索
書類添削
説明会など
公式サイトhttps://bengoshi-kyujin-navi.com/

気になる!就職先ごとの年収

なんといっても気になるのは年収ではないでしょうか。本記事では各就職先ごとに平均年収をご紹介します!司法修習生の就職先は「弁護士」「検察官」「裁判官」に大きく分けられます。

弁護士の年収

弁護士は、基本的に経験年数を増すにつれて収入は増えていきます。下の表をご覧ください。これは1年目から15年目までの平均年収の推移です。右肩上がりになっていることがわかるでしょう。(参照:日弁連「近年の弁護士の活動実態について」)

さて、次に就職先ごとに年収にどのような差が生まれるかを見ていきましょう。勤務弁護士の場合、法律事務所や企業の規模はやはり年収に大きくかかわります。下図のとおり、企業規模が大きくなるにつれて年収は増加しています。

企業規模現金給与額【千円】年間賞与など【千円】年収換算【千円】
10~90人539.41174.57647.3
100~999人428.11339.56476.7
1,000人以上482.91903.27698.0
参考:賃金構造基本統計調査|厚生労働省

特に、四大法律事務所や五大法律事務所とよばれる大手法律事務所は年収が高く、1年目から年収が1000万円を超えることもあります。

独立開業した弁護士の年収は大変幅広く、300万円程度から数億円と持ちうるスキルによって様々です。

検察官・裁判官の年収

検察官・裁判官の年収は法律によって決まっており、階級が上がるほど給料は増加します。検察官の年収は600〜2,900万円、裁判官の年収は500〜2,000万円です。検察官・裁判官ともに若いうちは弁護士に比べて年収が低くなりやすいのに対し、年齢を重ねて階級が上がると弁護士よりも年収が高くなりやすくなっています。

エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントのメリット

  • 業界や企業の詳細な情報が得られる
  • マッチングサポートと非公開求人の紹介
  • 1対1の選考対策
  • 企業との連絡・調整の代行

転職エージェントのデメリット

  • アドバイザーと相性が合わないことがある
  • 自分のペースで進められない

エージェントのメリット

1. 業界や企業の詳細な情報が得られる

各業界の情報は専門性が高く、入手が難しいことがあります。
エージェントは多くの企業とコネクションを持っているので、、業界の傾向や動向を熟知しており、詳細な情報を教えてくれます。

具体的には、

・転職市場の動向
・各企業の業績
・業界内での立ち位置
・職場の雰囲気
・評価制度
・求人の傾向

などの情報を専門的な視点から分析・提供してくれます。
気になることを聞いておくことができるので転職後のミスマッチを防ぐことができます。
 

2. マッチングサポートと非公開求人の紹介

エージェントは個人のスキルや希望に合った求人を探し、企業との適切なマッチングをサポートしてくれます。

エージェントは膨大な量の求人の中から個人のスキルや希望に合った求人を探すだけでなく、非公開求人情報にアクセスできるのも魅力です。非公開求人とは、競合に人材不足がばれることを防ぐ等企業側の都合で非公開となっている求人です。競争が少なく、より良いポジションを見つけやすいと言えます。

そのため、特にキャリアップを目指している人はエージェントの利用がおすすめです。

3 . 1対1の選考対策

エージェントを利用すると、書類添削や模擬面接といった選考対策サポートを受けることができます。

エージェントは多くの転職支援をしてきた経験を通して、選考対策のノウハウを蓄積しています。
「どのような質問をされるのか」「自身の経験を最大限にアピールするにはどう伝えればよいか」など経験に基づいたアドバイスをもらえるので、忙しい中でもしっかりと対策をすることができます。

4. 企業との連絡・調整の代行

日程調整

就職活動は複数の企業と面接を行うので日程調整が煩雑になってしまいます。エージェントは、あなたの代わりにあなたと企業担当者のスケジュールを調整してくれます。

このような日程調整があるだけでもかなり負担感が減り、本来力を入れるべき選考対策に集中することができます。

給与交渉や条件確認

給料や待遇を企業の担当者に直接聞いたり交渉したりするのはハードルが高いでしょう。

「待遇ばかり気にしている人だと思われたくない」

という方もいらっしゃると思います。しかし、エージェントを介してなら聞きにくいことを知ることができます。 

転職エージェントのデメリット

1.エージェントと相性が合わないことがある

転職エージェントは様々な会社が存在し、それぞれ得意分野が異なります。
また同じエージェントでもアドバイザーの経験値は幅広く、新人アドバイザーが担当につくことも十分に考えられます。

担当アドバイザーとの相性が悪いと感じたら、我慢ぜずに担当変更の依頼をしましょう。依頼すれば、担当を変えてくれるケースがほとんどです。

2.自分のペースで進められない

転職エージェントを使うということは、アドバイザーとの連絡が必須となり、完全に自分のペースで転職活動することが難しいこともあります。

また、応募する求人も基本的にエージェントの選択に影響されます。
そのため、「自分のペースで進めたい、応募する求人を自分でも探したい」という方は自分で直接応募もできる転職エージェントを利用するのがおすすめです。

エージェントを使う流れ

今回ご紹介したエージェントを使った転職の流れは、主に以下の通りです。

1.会員登録

名前や職歴等の必要事項を入力し、会員登録を行います

2.エージェントから連絡

登録後、転職エージェントの担当者から連絡があります。

3.アドバイザーとの面談

担当アドバイザーとの面談が行われます。この段階で、希望する職種や企業などについてエージェントに伝えましょう。

4.求人紹介

面談に基づき、エージェントはあなたに合った求人を紹介してくれます。一般に公開されている求人のほかにも、非公開求人を提供してくれる場合もあります。

5.各種対策

転職エージェントは、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策など、転職に関連するさまざまな支援をしてくれます。

6.求人応募

紹介された求人情報に応募する場合、エージェントを通して求人に応募します。
エージェントを介さずに直接応募できる場合もあります。

7.面接

求人先と面接の機会が設定されます。
面接の手配やスケジュール管理はエージェントが代行してくれるケースが多いです。

8.内定

内定が出た場合、エージェントは給与や交渉や条件の調整などのサポートをしてくれます。

就職エージェントの活用法3選

ここでは、就職エージェントをうまく活用して理想のファーストキャリアを実現するための就職エージェントの活用法を4つ紹介します。

就職エージェントの活用法

  • 就職だけにとらわれない「キャリア相談」のツールとして気軽に使う
  • 複数のエージェントに登録する
  • 選考対策サービスを積極的に活用する
  • 担当エージェントが合わないと感じた場合には迷わず交代をお願いする

それぞれ以下で詳しく説明していきます。

1,就職だけに囚われない「キャリア相談」のツールとして気軽に使う

就職エージェントは求人の紹介だけでなく、あなたの経歴がどのくらいの市場価値を持つのかを分析してくれたり、今後のキャリアプランを一緒に考えてくれたりもします。

就職するかどうか迷っている方でも、理想のキャリアプランについて無料で相談できる場として就職エージェントを気軽に活用するのがおすすめです。

2,複数のエージェントに登録する

就職エージェントは複数登録しておくのがおすすめです。

エージェントが独自の非公開求人を保有している場合があるので、複数登録しておくことでより多くの求人に出会える可能性が高まります。

また、複数の情報源を確保することでより客観的に情報の精査をすることができ、誤った情報に流されるリスクを減らすことができます。

3,選考対策サービスを積極的に活用する

就職エージェントは書類添削模擬面接といった選考対策のサービスがあるので、それらを積極的に活用していきましょう。

就職エージェントは多くの就職支援をしてきた経験を通して、選考対策のノウハウを蓄積しています。
そのノウハウを活用することで、履歴書や面接などであなたの経歴やスキルを最大限にアピールする方法が分かります。

 

よくある質問 Q&A

Q. 就職エージェントはなぜ無料なのでしょうか?

A.登録している企業側が料金を支払っているからです。
採用したい企業は費用を払って登録し、就職エージェントから求職者を紹介してもらっています。そのため就職希望者は無料で利用できるのです。企業側は自力で人材を見つけることが難しいことが多いため就職エージェントに採用活動を手伝ってもらっているのです。
「無料は怖い」と思う方もいるかもしれませんが、心配不要です。就職エージェントは求職者の年収とリンクした出来高制を採用していることが多いので、どうすればあなたがよりよいキャリアを描けるのか真剣に考えてくれます。

Q. 就職エージェントから紹介された求人には必ず応募しなければいけませんか?

A. 必ず応募する必要はありません。
エージェントの提案は参考にするべきですが、最終的な判断は自身で行うべきです。自分のキャリア目標やスキルに合致し、興味を持てる求人に絞り込み、選択肢を検討しましょう。

まとめ

司法修習生が就活をするときに便利な就職エージェントについてご紹介しました。就職エージェントは複数社に登録することでより効果を発揮します。こちらで紹介したエージェントの中から2、 3社に登録してみることをおすすめします。就職活動をぜひ成功させましょう!

キャリアビューは、さまざまな業界ごとに独自で発展した転職サイト、転職エージェント、転職情報を公平な立場で評価し、これからその業界で転職をする方々に、効率的で有益な情報をお届けするメディアです。